スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

V.I.P.イベント

秋葉原の廣瀬無線5Fにて行われたビジュアルアーツのイベントV.I.Pに行ってきました。
V.I.P.とはVisual Information Partyの事らしいです。
毎月やっているイベントで今回はポリフォニカの特集だったんですね。
という事で当日の入場券を並んでGETしました(事前申し込みもあったけど、申し込むの忘れてた)

CA380028.jpg



イベントはまず最初にRitaさんと作曲の吉田仁郎さんのライブがあって
前作の『Crimson Calling』とAfter Schoolの『Straight Seeker』の2曲を披露してくれました。

会場が温まる前にRitaさんと吉田さんが紹介されて
突如ライブが始まったって感じで、ちょっと微妙な空気が流れてましたね。
こちらにも心の準備というのがですね……

まぁ、生で「愛してっる~♪」が聴けてよかったです。


ライブのあとは榊先生が登場。
榊先生は喋るは喋る。司会の人が一質問すると十くらい返ってきます。
このイベントの7割くらいが榊先生のトークで構成されてましたね(笑)

以下気になった内容を箇条書きで
・シェアードワールドは複数の作家で書くので大変。
出てきたアイデアが他の人の設定のせいで使えない事もしばしば。
・イアリティッケの服装の説明は「ゴスロリ」だけたった。

↓会場に展示してあった、その簡潔な説明から描き起こされたデザイン
CA380045_20091129040145.jpg

・子供が生まれたので、それに振り回されるようなカタチで執筆ペースが落ちてきた。
・シェアードワールドは一般に公開して、将来的にはフリー版権みたいにしてしまうかも。
・キネティックの1話は話の導入としてはちょっと失敗したかも。
メインビジュアルイメージの小さい赤い子が少ししか出番なかった。
・イアリティッケは一回きりの敵キャラのつもりだったが、アンケートで人気があったので復活させた。
イアリティッケに対する熱い思いをアンケートにぶつけてきた人もいたらしい。
・ゲームは多人数で作るので、スタッフ間で同じ感覚を共有するのが大変。
・意外にも榊先生はRitaさんと吉田さんには今日初めて会った。

他にもいろいろな話題があったのですが多すぎるので割愛。


そのあとはゲームの製作の人が来て発売日の遅れた件の謝罪があったり(何故か笑いが起きてた)、
黒のキネノベの通常版が12月に出るので告知があったりしました。

そして最後はプレゼント争奪ジャンケン大会。
CA380057.jpg

この手のイベントのジャンケン大会で初めて勝ちました。
取ったどー!!

神無月先生のサインが入ったコミケで配布した冊子です(他にテレカとか付いてます)
実は他の商品の方が欲しかったのはナイショだぞ!
いやこれも嬉しかったんだけど。

イベント終了時に参加者全員に特製のしおりとブックカバーのお土産がありました。
そっちはVIPのブログに画像があるんで、適当に参照しといて下さい。

全体的に緩くて手作り感溢れるイベントでしたね。
司会も緩いし、構成も緩い。
気合入れて参加するイベントというよりは、肩の力を抜いてまったりと参加するイベントって感じでしたね。


あと、帰りに寄ったアニメイトに1月12日クリムゾンのコミック4巻発売との告知がありました。
またアニメイトでは特製の表紙の限定版が出るみたいです。
近場のメイトで予約しとかないと!
スポンサーサイト

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。